サラ金ブラックな自分でも銀行から融資が受けられますか

以前サラ金から借入れをしていたのですが、月々の返済が滞りがちで延滞も重なり、一時利用差し止めにまでなったことがあります。その後一念発起して生活を改め、実家の援助などもあって完済したのですが、自分は多分ブラックリストに載っているだろうと思っています。それからは借入れはしていません。

今度車を手に入れることにし、費用には銀行のマイカーローンを契約してあてたいと思っていますが、ブラックに載ったことのある自分でも、銀行のローンは組めるものなのでしょうか?心配になっています。どなたかよろしくお願いします。

状況によっては問題ない場合もあります

一度ブラックリストに載ってしまうと・・・とご心配のようですが、実際はブラックリストというものが存在するわけではありません(ご存知かもしれませんね)。そういうリストがあって名前が載ってしまうというのではなく、個人の信用情報に、「事故情報」が載ってしまうという状態になります。そしてローンなどの申込を受けた金融機関が申込者の信用情報を調べた時に、それを見てしまうというわけですね。

「事故」というのは債務整理や自己破産、強制解約などの履歴のことで、延滞も事故情報として記載されます。本来、クレジットやローンに関わる業者の加盟する信用情報機関と銀行が加盟している信用情報機関は別なので、違うところが情報を持っているというかたちにはなっていますが、これらの機関は相互に交流して情報の一部を参照し合っているので(これには利用者本人も同意していることになっています。申込時の会員規約同意にこのことが明記されているのです)、消費者金融などでつけてしまった事故情報も、銀行の知るところとはなるのです。

ただ、その事故情報の記載ですが、完済から五年を越えた場合にはその情報が保有されません。つまり消えてしまうということです(消費者金融やクレジット会社などの信用情報の場合)。ですので、もし質問者さんが完済なさってから五年が経過してしまっていれば、今回の銀行ローンの審査には、その事実は影響しないということになります(情報が消えてしまっていますからね)。

仮に完済後五年未満であり情報がまだ残っていたとしても、それが銀行の審査にどういう影響を持つかはよくわかりません。完済しておられる事実を銀行がどう思うかわからないし、現在の質問者さんのその他の状態をどのように見るのかこれは伺い知れないからです。
(⇒融資審査は受けてみるまで分からない?

ただ言えるのは、今回の場合、事故情報があるから銀行のローンはあきらなければということはないということです。一度申し込んでみられて、問題はないと思います。

サラ金(消費者金融)も銀行もブラックには融資しません

サラ金とは、サラリーマン金融の略語ですが、最近はこの言葉を使われることは少なくなりました。かつては、貸金業者がサラリーマンを中心に信用貸し付けをしていましたが、利用者がサラリーマンだけでなく、個人事業主やOL、主婦など多様化したことから、消費者金融と言う呼び名に変化しました。(参考ページはこちら→今は専業主婦でも借りられる?

消費者金融の本来の意味は、個人(消費者)向けの融資のことで、日本で初めての消費者金融は、日本昼夜銀行(後に安田生命が吸収)による個人への貸付けで、融資条件は25歳以上の既婚者に限り、大手企業に2年間以上勤務し今後も継続して勤務することなど、現在の消費者金融とは異なります。特に、資金使途が子女教育費用、税金、保険料、医療費など家計費に関するものに限るという特徴的な融資商品です。現在のように信用調査体制が整備されていなかったため、融資の際には担保や保証人が必要でした。

現在の消費者金融は、信用調査体制が整備されていますので、担保・保証人を必要としません。また、事業性資金以外であればどのような目的にも利用できるようになりました。いわゆるカードローンと呼ばれる消費者金融は、サラ金(消費者金融)、銀行、信用金庫など、金融機関であれば、どこでも取り扱っていますので、個人が日常的に資金不足になった時のアイテムとして利用出来ます。

ご利用には、金融機関と金融機関が提携している保証会社が審査を行います。その際に信用情報機関に個人の信用情報を確認しますので、ブラックリストに載っているような方は、融資を受けることは出来ません。信用情報機関では、個人のローンやクレジットの事故情報や破産情報が確認出来ますので、返済の可能性が薄いと判断された場合は金融機関は資金の貸し出しをしません。

消費者金融がサラ金と呼ばれていた時期には、高金利や執拗な取り立てなどで悪いイメージがありましたが、その後様々な法律が整備され、今は貸出金利の上限が明確になるなど、利用しやすい状況になってきています。無担保ローンですので、金融機関はリスク回避のために有担保ローンよりは高めの金利を設定しますが、急にお金が必要になった時に慌てずに資金調達が出来ると言うメリットがあります。賢く利用することで、そのメリットだけを享受するようにしましょう。