サラ金の利用は銀行と同じような内容って本当?

サラリーマン金融のことをサラ金といいますが、銀行カードローンとサラリーマン金融には違いないって本当なのでしょうか?どうしてもサラ金というだけで悪いイメージをもってしまいます。近年では、サラリーマン金融の過払い金返還請求についてニュースで知りましたので、できるだけトラブルがないように利用したいと考えているのです。また、銀行カードローンとサラ金ではどのような差があるのかについても教えてください。

過去に銀行カードローンを使っていたのですが、今ではサラリーマン金融も利用者が増えているということで、それであればサラリーマン金融を使ってみようと思っているのです。ただ、良い噂がある反面で悪い噂もあり、インターネットの情報なのでどこまで信用していいかがわからないのです。また、よくサラリーマン金融というとプロミスやレイクが出てくるのですが、この2つはサラ金の中でそこまで優良な存在であったりするのでしょうか?

サラ金利用はプロミスやレイクがオススメです

利用だけで考えると、実はサラ金と銀行カードローンには大した差はありません。というのも、今ではサラリーマン金融の審査マニュアルを導入している銀行まで存在しているからです。審査が同じということは、サラリーマン金融で審査通過したことがある人は銀行でも通過できる道理となります。近年では、銀行とサラリーマン金融が提携してサービスを展開しているものもあります。その中の1つが新生銀行レイクです。

プロミスやレイクだけでなく、アコムについても今では銀行との提携やサービスの充実で人気を高めています。次にどうしてプロミスやレイクだけ、他よりも高い評価を受けているのか?というと、それはカードローン審査が非常に甘いからです。この評価は女性から多く受けているのですが、昔から審査で特に甘い業者をリストアップするとサラ金ではプロミスやレイクとなっていました。しかも、今では銀行との提携で100万円以上のローンにまで対応しています。

一般的なサラリーマン金融では50万円を第一の上限としています。なので、1~200万円まで貸し出せるサラリーマン金融があっても、実際は50万円までしか借りられなかったりするのです。また、審査においても実店舗でないといけない決まりになっている業者は存在します。しかし、サラ金では先ほどの大手であればインターネットだけでも審査できるようになっているので、特にカードローンしているのを知られたくない若い男女からは高い支持を得ているというわけです。

サラ金って何?現代では使われない融資用語を起源から大解明!

時代が変わる毎に、使われている言葉や専門用語というのは変化していくものです。特に日本では短縮読みというのが非常に多数見受けられ、一般的な俗語から企業側が認める略称と様々です。サービスが変われば名称が変わり、当然古い単語は徐々に姿を消していき、最後は人たちの記憶からも消えていく事になります。愛着のあるサービスであればもの悲しくも感じるかもしれませんが、それが世の中の流れですし、後発のサービスの方がお得で便利な事が多いので、案外すんなりと受け入れられるかもしれませんね。

融資という分野においてもそれは同じで、今では姿を見せなくなった企業から融資サービス、金融用語などたくさん存在しています。融資は時代が変わっても必要とされるサービスなので比較的入れ替わりは緩やかと言えますが、それでも姿を変えたり消していったりしているのも事実です。その中の一つで『サラ金』という言葉に関しては、案外現代人の方々でも小耳に挟んだ程度には聞いた事があるのでは無いでしょうか?それよりも高い年代になると、さらに認知度は高いと思います。

サラ金というのも古い金融用語…なのですが、先ほども話したように今でも良く聞く言葉でもあり、むしろ普通に使っている人もいらっしゃるくらいです。となると今でも通用する単語だと思われがちですが、金融業者側はこの単語を進んで使う事はありません。つまるところ、ブラックリストと同じく一般で通用する俗語という位置づけが正しいと言えます。ではこのサラ金、一体どんな融資用語なのかを起源から説明していきます。

まず簡単に掴みから入るとすると、消費者金融の昔の呼び方という事になります。サラ金というのはサラリーマン金融の略称であり、今で言う消費者金融と意味するところも似ていますね。サラリーマンと頭に付くだけあって、今以上に働く人向けの融資というイメージが強くなると思います。しかし、このサラ金という言葉はマイナスに捉える人が多く、それゆえ消費者金融は今ではそう名乗ってはいません。

サラ金だった頃の業者はいずれも、高い金利で貸し付けていたのです。高いと言っても融資に関する法律が緩かった頃の時代の話なので、合法かどうかで言えばすれすれでした。しかし、景気が良かった頃ならともかくとして、そこからどんどん不景気になっていく事で高い金利が返せず、さらに強引な取り立ても一部の業者がしていた事もあって、サラ金=闇金と大差無い、という印象が強かったのですね。

もちろん今ではそんな営業が許されるわけもなく、消費者金融は顧客第一の営業をしております。つまりはサラ金から生まれ変わるという意味合いも込めての名称変更が、サラ金から消費者金融に変わった一連の流れと言えるのです。ネット上だと特にサラ金という単語は通じやすいですが、消費者金融はそれを好ましく思っていないので、面と向かってそう呼んだりするのは避けるべきでしょう。

以上がサラ金という言葉の意味です。なかなか興味深い内容だとは思いますが、現代で正式に使われている単語でも無いので、利用頻度に関してはさほど高くないかもしれませんね。

私はこんな理由で借りました

念願のコンサートチケットが買えた!

僕は大好きなアーティストがいるのですが、そのアーティストのコンサートチケットがいつもいつも取れずに、悲しい思いをしていました。

先日、そのアーティストのコンサートチケットの先行販売の情報が!嬉しくなったのはいいのですが…、お金がありませんでした。絶望の淵にくれて、嘆いていました。そんな時、テレビからカードローンのコマーシャルが流れてきました。これだ!と思い、早速ホームページを検索しました。

仮審査に通り、鼻息が荒いまま本審査を受け、結果を待ちました。するとすぐに融資可能との連絡が。カードが届き、急いでATMに向かい、キャッシングしました。すぐに借りれたので、先行販売に間に合いました!念願のチケットが手に入り、感動しました。

意外と気楽にお金借りれてビックリ!

今が最後のチャンスだと思い、思い切って転職をしました。しかし、かなり収入が落ちてしまいました。でも人付き合いがは変わることが無いので、人と会うことの多い月は経済的に厳しい状況です。

普段は節約を心掛けるようになりましたが、まだなかなか上手くいきません。そこで今の収入で生活が落ち着くまでの生活費を補うために、カードローンに申し込んだんです。ちょっと抵抗はありましたが、背に腹は代えられませんから。

でも今はインターネットで簡単に申し込めるんですね。ネットショッピングする感覚で気楽に借りれてビックリでした。早く収入が増えることを期待して、それまではカードローンを利用しながら節約を心掛けます。

パチンコ依存症から脱出出来た融資

パチンコが好きでたまりません。この年になっても、全然やめられません。依存症だと思います。でも、大きく負けて、完全に生活費のほとんどを失った時にパチンコをやめようと思いました。その為に、キャッシングを決意しました。一人暮らしで、自分だけで生きているつもりになっているのもいけないのかもしれません。

キャッシングまですれば、自分がそこまでダメになった事が実感出来ると思ったのもあったんですよね。良い教訓になりました。

本当にお金がほとんど無い状態でしたので、申し込んだ次の日に普通にお金を手に入れられたのは助かりました。もう、それ以来パチンコはやってません。

NEW ENTRY

銀行ローンを組みたいけど銀行にサラ金に借入したのわかる?

最近引っ越したのですが、家がちょっと郊外寄りになったのと近所にいい月極駐車場を見つけたので、車を買おうと思います。銀行のマイカーローンを申し込むつもりなのですが、現在、サラ金からも...

サラ金の身分証明書にパスポートは使えますか

カードでの買い物が重なってしまい、支払いが厳しくなったのでサラ金から一時借入れをしてしのぎたいと思っています。初めての利用になるのですが、申込みには本人確認書類が必要ですよね? ...

サラ金から借りてしまうと怖い人がくるの?

ちょっと大きな買い物をしてしまったのですが、一人暮らしだし職場の人や友達とも飲み会多いしなんかでうまくお金が作れず、その分の支払いが苦しくなってきました。 この際サラ金で借りてな...

アストっていうサラ金について教えて下さい

自宅でweb制作をしているフリーランスです。最近業績も上向いてきたので設備投資を考えていたところ、地元にアストというローン会社があって、そこで個人事業者向けのローンを扱っていると聞...

銀行とサラ金、利用しやすいのはどっちでしょうか

近々引っ越しを考えていることもあり、また、もしもの時の用心やちょっとした余裕を持ちたくて、ローンカードを作ろうと思います。それで悩んでいるのですが、サラ金のローンと銀行のローンとど...