サラ金でお金を借りて返済中のサラリーマンです。限度額いっぱいまで借り入れたのですが、この借り入れ限度額が元々希望していた金額よりも低かったこともあり、もう少しお金が必要なので2社目での借り入れを検討しています。2社目でも借り入れが可能なのでしょうか?

サラ金でお金を借りていますが、2社目でも借り入れできますか?

問題さえなければ2社目の借り入れも可能ですよ。借り入れ額が希望額を下回ることはよくあることです。2社目の借り入れならば大丈夫だと思いますよ。

借り入れができない場合の理由について触れておきますね。まず、借り入れ限度額がすでに総量規制に引っ掛かる時は借り入れはできません。総量規制とは、貸金法で定められている法律で、借り入れ総額が年収の3分の1を超える借り入れはできないというものです。

これは、1から借り入れできる金額ではなく、何社から借り入れていたとしても個人が借り入れる金額の総額が年収の3分の1を越えてはいけないというものなのでお間違いのないようにして下さい。また、サラ金は個人信用情報機関というところに加盟することになっており、契約の際の個人情報はこちらに登録保管されることになっています。

個人情報についてはある一定期間保管されとり、加盟するサラ金すべてが検索閲覧可能です。他社からの借り入れを黙って申請してもすぐにわかるようになっているので、内緒で借り入れことはできません。1社目の借り入れの返済が遅延や滞納が多いなどの問題が見られ場合はそれもすぐにわかるので審査に影響します。

サラ金での借り入れは、3社くらいは借り入れができると思います。もしくは、わざわざ複数社から借り入れを行わなくても、今借りているサラ金で増額申請というのができると思いますよ。

増額申請は、最初の借り入れから半年が経過すれば申請することができます。ほとんどのサラ金は増額の申請が可能だと思います。ただし、増額は誰でもできるというわけではなく、新たに審査が行われます。審査に通るたには次のことに気を付けて下さい。

まず、半年間返済の遅延や滞納がないこと。これは信用問題にかかわることで、新たにお金を借りようというのに返済がちゃんとできない人にお金は貸してくれません。きっちりと返済は行って下さいね。

2社目で借り入れるにしても増額するにしても、ポイントになるのは信用です。ここでいう信用とは、滞ることなくきっちり毎月返済を行っているという実績になります。これさえ怠らなければ2社目での借り入れは問題ないと思いますよ。

2社目のサラ金と契約をするメリットとデメリットって?

現代では五人に一人が利用をしているといわれるほど、サラ金は一般的なものとなりました。

サラ金の業者は日本各地に存在しており、それぞれの業者によって様々なサービスが提供されるようになっています。そうした状況では消費者は様々な業者を比較して、どこからお金を借りるかということを検討できるようになりました。

中には複数の業者と契約してお金を借りているというような人もいます。それではすでに1社目と契約をしている消費者が、新たに2社目のサラ金と契約をするメリットとデメリットは何になるのでしょうか。

まず2社目と契約するメリットについてですが、これはお金を借りる時、必要に合わせて条件を変えることができるということです。サラ金の条件というといくつかありますが、普段の利用で特に関係が深くなるのが「返済日」と「利息」の二つです。これらの設定は業者によって違いますし、業者の中には一定額未満の利用なら一ヶ月間は無利息で借りられるというようなサービスを実施していることがあるのです。そうした条件を、自身の状況に合わせて選択することができるというのは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

その反面、デメリットと言えるのが「管理が煩雑化する」ということです。先に挙げたように、業者が設定する返済日や利息といったような条件はそれぞれによって違います。そのため二つの業者を並行して利用していると、自分がいつ、いくらを返済すればよいのかということを管理する手間が出てくることになるのです。そうした状況で管理を失敗してしまうと滞納などの金融事故を発生させてしまうこととなってしまいますから、この点に関しては十分な注意が必要です。

また最近の業者は2社目と契約している消費者に対して、金融事故のリスクを減らすために厳しい審査を行う傾向もありますから、2社、3社と契約する業者を増やしていくと、お金を借りることが難しくなるということもあります。2社目のサラ金と契約することにはこうしたメリットやデメリットがありますから、本当に契約をしても御問題ないかどうかということをしっかり考える必要があるのです。